賃貸の契約更新に必要となるもの

  • Posted on 4月 2, 2014 at 12:00 AM

賃貸物件に住んでいる人は2年おきに契約更新をしないといけないことが通常です。物件によっては更新なしでも住み続けることができるケースもありますが、多くの物件は更新が必要になります。更新は3か月から1か月前に不動産から案内が来てその時に必要となるもの、用意していかないといけないものがわかります。案内に書かれているものを用意して不動産に行き契約更新を行います。

契約更新に必要となるものですが、賃貸契約を結んだ時の契約書から更新した後の契約書に代わるため、今までの契約書を持っていかないといけません。新しくなる契約書に署名や捺印をするために印鑑が必要になります。

更新には更新料が必要になります。料金に関しては物件によって違いがあり家賃1か月分の支払いが必要になることもあればそれよりも安いというケースもあります。

不動産を挟んで契約の更新が行われるときには契約更新手数料が必要になることもあります。これは不動産によって違いますので案内書に必要と書かれているなら用意する必要があります。

火災保険の更新を済ませてしまう不動産もあります。その時には保険料も必要になりますので代金を用意して持っていきましょう。

基本的に賃貸契約の更新に必要になるものはこれくらいです。不動産によって違いはありますので案内をよく読んで必要なものを準備しておいてください。

コメントをどうぞ